11 案外簡単!猛暑対策

■ 今夏も猛暑の予感!そこでリフォーム時の「熱対策!」をご紹介します。

せっかく冷房していても、設定温度を体感できない?
そんな経験ありますよね。
それは住まいの断熱性能に問題が・・・断熱性の高い住まいなら、
夏の冷房効果だけでなく冬場の暖房にも効果を発揮。
しかも、住まいの断熱効果を高めることで年間の冷暖房費を
約25%カットすることも可能です。

*

■ 涼しく過ごせない3つの理由!!

*

その1 窓からの熱の出入りが1番大きい。

外気温を遮り快適な室温を保つには、家の断熱・気密性を高めることが大切です。なかでも、窓から入ってくる熱は53%。冬は、窓から外に逃げる熱が37%。要は断熱性能を備えた窓(二重窓)などに替えて熱の出入りを防ぐことが肝心です。

その2 屋根から伝わる太陽熱の熱伝導をおさえる。

真夏の屋根の表面温度は、一般的なスレート屋根で70度前後まで上昇します。その熱は屋根表面から熱伝導によって、屋根裏にまわり、天井を通して部屋に伝わります。これらに対する断熱性能は、屋根材によってかなり変わってきます。

その3 バルコニーなど地面からの照り返しも要注意!

昼間、太陽光で高温となった面から発せられる赤外線の放射は周辺の温度をさらに引き上げます。また、夜間も蓄積された熱を放出しつづけ熱帯夜の原因になります

■ 快適な生活と省エネのための、簡単プチリフォーム。

ひと窓あたり、わずか1時間弱で設置!

二重窓で!断熱性能アップ!

★YKKAP内窓「新プラマードU」の場合二重窓にするだけで断熱性能が大幅にアップ。冷暖房費を高め、いやな結露の発生を低減します。また防音サッシ同等の遮音性能を発揮します。

取付は簡単!

★壁を壊すなどの大がかりな工事は必要ありません。
既存のサッシの内側に取り付けるだけで見た目も素敵な二重窓に早変わり。

サイズも今ある窓の大きさに
合わせて製作可能!

二重窓の特長

  • ●断熱性能約3倍で冷暖房費コストを節約
  • ●騒音を30dbもカット!優れた防音効果。
  • ●不快な結露を低減させ住まいは長もち。

今ある窓(既存サッシ)に
内側から取り付けるだけ!

*

*

■ 太陽光の蓄積・照り返しをおさえるために・・・

地面バルコニーの床面に敷くだけで夏、涼しく!

夏の熱いバルコニーを「打ち水」の原理で快適に!

保水ペイバーは、庭に「水打ち」をしたように、水分を徐々に蒸発させるため、バルコニーを涼しい状態に長く保ちます。
また、木製や樹脂性の素材と比べ、色あせが少ない高耐久のタイルです。

吸水性が高く「水はけ」バツグン。

保水ペイバーのバルコニーは、雨が降っても表面の水分をすばやく吸収します。
少しの雨なら雨上がりの数分後には素足でバルコニーに降りても足裏が濡れることもありません。

普通のバルコニー 保水ベイバーのバルコニー

★セキスイ保水ペイバーバルコニータイプ

*

取付は簡単!

凹凸のある連絡部を合わせて上から押し込むだけ。取り外しもできてメンテナンスも簡単

*

■ 太陽光の蓄積・照り返しをおさえるために・・・

屋根屋根からの太陽熱を防ぐ!

屋根からの太陽熱を防ぐ!

セキスイ瓦は波形状で山になった部分の空気層により屋根から屋根下地に熱が伝わる前に遮熱されます。
そのため小屋裏に伝わる温度も抑えられ、断熱効果が高い屋根材といえます。

トタン瓦からセキスイ瓦に
葺き替えたお客様にお聞きしました。

「前より涼しくなった」
「夏場でも2階の部屋が以前ほど暑くなくなった」など断熱効果を体感し満足頂いています。
またセキスイ瓦の空気層は冬場でも効果を発揮します。
冬の外気にさらされて、屋根材が冷えても空気層があるため室内に冷気を伝えにくく室内の暖気を外へ逃がしにくいのです。

*

★セキスイかわらSの場合

*

*

PAGE TOP