屋根リフォーム施工例 広島県呉市焼山中央  久保様邸

現場 広島県呉市焼山中央 久保様邸
工事内容 天平
担当者 下畠孝(セキスイ認定屋根診断士 ID№1397)

和風天平

*

*

*

*

*

*

ユニットバス施工例

before

before

*

after

after

施主様の悩み・ご要望

瓦の割れ、色あせを何とかしたい。元の屋根は藁(ワラ)葺きだったので、和風なイメージを残したい。これからは保証の時代だと思い、少しでも保障期間の長い瓦はないものかと思っていた。

施工後のメリット

藁(ワラ)葺きの上に施工してあった瓦を撤去してみると下地の垂木や貫板の痛みがひどく、修繕や補強に最善を尽くし、耐震性も上げられるようにしました。また、藁(ワラ)葺き屋根特有の「箱棟」を和風感覚に仕上げることを重要視しました。「FRP」の素材を活かし、且つ重厚感を求めた結果、「天平」を提案。お客様のご要望にもあった、長期の保証も「天平」なら20年保証なので安心!

お客様の声

藁(ワラ)葺き屋根の我家は、頂上と軒を瓦で、藁(ワラ)葺部分の本体表面を最初トタンで、次にスレートで葺いていたが、それぞれ錆びたり、重くてひび割れしたりと思う様でなかった。そこへ協栄さんが来られ、FRPを勧められ、思い切って屋根全部を葺き替えることにした。 「天平」は今迄以上の瓦屋根で大変見映えのする作りとなって良かった。 又協栄さんは古い家で、細い道の悪条件な所を心良く作業して頂き感謝している。 なお、年寄りとしては、営業の下畠さんにいお世話になり、色々相談することが出来て助かった。

担当者の感想

藁(ワラ)葺きの建物に増築部分(DK・風呂・洗面室等)の平屋があり、その接続屋根の部分からの雨漏りも気になっていたことと、全面的なイメージが非常に重たいため、増築部分の屋根形状を変えることを提案させて頂き、屋根瓦でも非常に軽量で強く、周囲の景観を考慮し、和風イメージが心地よく残る屋根材として「FRP瓦」の「天平」をお勧め致しました。 屋根形状を変えたことで、母屋(藁葺き)と増築部分の開口部が広く取れ、また、天井高が高くなったことでユニットバス等もスムーズに施工できるようになるため、思い切って増築部分の平屋を全面改修させて頂くことになりました。 これにより、K様のお悩みを全て解消し、使い良く広くなった室内に大変ご満足して頂き、K様からも満点の評価を頂くことが出来ました。 
この仕事に携わる事が出来、本当に良かったと感じています。

PAGE TOP