おすすめのキッチン

■ 私どものおすすめのキッチン

INAX

*

リフォームキッチン

i600

ポイント1奥行きが広い

■ キッチンの奥行に余裕が生まれるのでワークトップも広々
■ 狭くて作業がしづらい等、現在のキッチンワークの悩みが一気に解消。

ポイント2空間を有効利用

■ 狭い間口にも無理なく納まる!
■ 低い天井でも梁の下でも、空間を有効利用

ポイント3収納抜群

■ 使うタイミングや状況、人の姿勢や使う物の形状に合わせて、しまう位置や扉の開き方を最適なものに。

■ おすすめのワケ

限られた空間にもピッタリ収まる省スペース設計で、作業エリアや収納もしっかり確保できるリフォームキッチン。より広く、より使いやすく、キッチン空間を隅々まで有効活用できる、リフォームのベストスタイルです。

今までの流し台が広々ワークトップに変身!

奥行きが広くなったi600

i600ならキッチンの奥行に余裕が生まれるので、ワークトップも広々。狭くて作業がしづらい等、現在のキッチンワークの悩みが一気に解消されます。

収納たっぷりの薄型食器戸棚をプラス

*

奥行がスリムな食器戸棚なら無理なくスペースに納まります。
一般的な食器戸棚と同じ収納量を確保するために、奥行は最低必要な375mmに設定しました。

*

一般的な食器戸棚と同じ収納力をキープ、奥行内寸325mmでたっぷり収納できます。

いろいろな奥行・間口・高さにもすっきりと納まります

*

狭い間口にも無理なく納まる!

i600は空間を最大限に活用するために各部位を省スペース設計に。
奥行・間口・高さそれぞれにサイズのバリエーションがあるので、
ぴったりのものを選べます。

奥行を取らないスリムタイプ!

*

一般的なシステムキッチンの奥行650mmよりも
スリムな600mmなので、奥行550mmの流し台からのリフォームにぴったりです。

狭い間口にも無理なく納まる!

*

限られたスペースにも納まる間口1500mmタイプから広々使える2700mmタイプまでしっかりと対応。食器洗い乾燥機付プランは間口1950mmから対応しています。

低い天井でも梁の下でも、空間を有効利用

薄型食器戸棚(高さ1850mm)タイプ 薄型食器戸棚(高さ2350mm)タイプ

食器戸棚の高さは天井高に合わせて選択が可能です。アッパーユニットのない高さ1850mmタイプなら梁の下や天井高の低いスペースにも無理なく納まります。

PAGE TOP